カメラ初心者に最適な三脚の選び方は?デジタル一眼レフ用おすすめの三脚

夏の美瑛白ひげの滝

 

 デジタル一眼レフを買ったからには長時間露光で花火や車のライトの軌跡を撮ったり、夜景をとってみたり、満点の星空を撮ってみたり、滝の流れをとめてみたり… 様々なシチュエーションでいろんな被写体を撮影してみたい。これらのシチュエーションで撮影するときにあると便利なのが三脚。

 今日は写真撮影時における三脚の必要性と選び方についてお話します。

 

 どんな時に三脚を使う必要があるの?

 暗い場所やシャッタースピードをおとしての撮影は、手持ち撮影ではどうしても限界があります。私のように毎回息を止めながら撮影するのもなかなか苦しいものです。三脚を使わずに手ブレを防ぐ方法は、カメラを正しく構える、レンズやカメラについている手ブレ補正機能をONにする、F値を小さくしたりISOを上げることでシャッタースピードをかせぐことなどがあります。

 しかし、F値を小さくすると被写界深度が浅くなり、ピントの合う範囲が狭くなります。ボケのある写真は魅力的ですが、風景や夜景を撮るときははっきりくっきりした写真の方が一般的には好まれると思います。

 そんな時の助けとなってくれるのが三脚です。

①手ブレを防ぎたいとき

 暗い場所での撮影やシャッタースピードをおとしての撮影では、どうしても手ブレが起こりやすくなります。三脚を使用してしっかりとカメラを固定して撮影する必要があります。

②望遠レンズで撮影したいとき

 ここ最近のレンズやカメラは一昔前のものと比べると手ブレ補正機能はかなり優秀。でも、長い望遠レンズ使用時は構えているだけで手がぷるぷるして疲れますし、どうしても手ブレがおきてしまいやすいです。普通のレンズ使用時においても、構図を決めてシャッターチャンスを待つ場面なんかだと三脚があると便利だと思います。

③インターバル撮影したいとき

 今はやりのタイムラプス、微速度撮影ともいうそうです。同じアングルで撮影し続ける必要があるため、三脚の使用が望ましいです。

 

冬の美瑛セブンスターの木

 

三脚は何を基準に選べばいいの?

 三脚があると便利なのは分かりました。では、どうやって選べばよいのか?安いものは数千円から高いものだと数万円もします。数万円もする三脚があるなんて私は知りませんでした。余裕があれば「いっちゃんええやつ」を買いたいところですが、そんなわけにはいきません。

 三脚選びを指南するサイトでは「安物買いの銭失いにならないように選ぶべき」と書かれていることも多いですが、場合によっては安物でも十分なことも考えられます。人がなんと言おうと自分で考えて選んだ三脚はきっと良き相棒となるはず。そのために考えたいことは以下の3つ

 

①自分が使用しているカメラやレンズはどのくらいの重量があるのか

 その三脚が支えられる重さはどれくらいなのか。フルサイズと入門機ではカメラ本体の重さが異なります。またレンズも単焦点や超望遠のものでは重さが異なります。カメラやレンズをしっかり支えられるほどの力が三脚になければ、不安定でグラグラ、最悪の場合倒れてしまいカメラやレンズが…なんてことも。これを考えるとどのクラスの三脚を買うべきなのかがかなり絞られます。

 

②どこで撮りたいのか?

 三脚の重さや収納時の大きさはどれくらいまで許せるか。三脚は重いほど安定性が増しますが、重い三脚を持って移動するのはなかなか大変です。子どもの運動会などのイベント、自宅で、山登りで、旅行で…どこで撮影したいのか、また、その場所までどのように移動するのか。それによってどれくらいまで三脚が重くて大きくても大丈夫なのかが変わってきます。また、フェンスがある場所ではそれなりに高さのある三脚が有利なので、どれくらいの高さまで伸びる三脚が必要なのか考えることも大切です。

 

何を撮りたいのか

 しっかりゆっくりと構図を決めて確実に水平を保って景色を撮りたい、電車や野鳥など動きのある被写体を臨機応変に構図を決めて撮りたい、なめらかにカメラの向きを変えて手ブレの少ない動画を撮りたい。このように何を撮りたいのかを考えることで、自分に合っているタイプの三脚を選ぶ一つの手立てとなります。

 

 三脚はコンパクトで軽いものの方が、重いものより不安定さが増します。持ち運びのしやすさを追求すると安定性に欠ける、安定性を追求すると携帯性に欠ける。値段が高い三脚はある程度どちらのバランスも釣り合うようなものがありますが、思った以上に高額。自分がどんなカメラやレンズを使用して、どこで何を撮りたいのかを考えることで様々な条件のバランスがとれた三脚を選ぶことにつながると思います。

 

こんな三脚をおすすめします

 私が欲しいと思う三脚は、それなりに価格が安くて、それなりに軽くて、それなりにしっかりしているもの。こんなゆるーい感じですが、初心者がとりあえず欲しい、とりあえず使ってみたいと思うなら十分ではないでしょうか。以下のポイントを基準に選んでいきます。

  • 価格は一万円以内、よって素材はアルミかマグネシウム(カーボンは軽いが価格が高くなる)
  • 使用機はKiss X7i + 18-55mmのキットレンズ。計730g
  • 高さは自分の目線程度まであればいい、ローアングルも可能ならなお良し
  • 主に風景撮影で使うため雲台は3WAYがいい(正確な構図決定がしやすい)
  • 他の条件が良ければ自由雲台でも取り外しが出来なくてもまぁいい(自由雲台は素早い構図決定を得意とし、小型で軽量)
  • 三脚と雲台は取り外し可能ならいい(被写体によって雲台が変えられる)
  • カメラと三脚の取り付け時にあると便利なクイックシューは必須
  • できれば三脚の水平がしっかり確認できる水準器があると良い

  それでは、メーカー別におすすめしていきます。

 

SLIK(スリック)

 有名な日本の三脚メーカー。商品ラインナップは豊富で価格が手ごろ。

 

SC 204 DX

 三本のパイプにはウレタングリップが装備されており、暑い日や寒い日でも持ち運びがしやすそうです。生産は完了していますが、amazonなどで買えます。

全高(センターポール格納時)149.8cm(119.8cm)

最低高22cm     縮長50.5cm

重さ1.82kg       脚径・段数22mm・4段

耐荷重1.5kg     雲台3WAY

雲台取り外し○    クイックシュー

水準器○       専用ケース○

 

 

Velbon(ベルボン)

 SLIKと並んで有名な日本のメーカー。商品ラインナップは豊富。

 

EX-530

 EXシリーズは補強ステーがついており、これにより安定性が増します。三本の脚が同時に開くタイプであり、素早いセッティングが可能となります。

全高(センターポール格納時)156cm(124cm)

最低高53.5cm(ローアングル×)     縮長57.0cm

重さ1.4kg             脚径・段数23mm・3段

耐荷重2kg             雲台3WAY

雲台取り外し×           クイックシュー

水準器○              専用ケース○

 

EX-540

 こちらはEX-530とほぼ同じスペックで段数が4段のタイプ。そのため全高はEX-530と同じでありながらも最低高47cm、縮長49.0cmとコンパクトになっています。しかし、4段より3段の方が伸ばした時の安定性は高くなります。

 

 EXシリーズの最大モデル。脚径26mmで剛性が高くなっています。

 

 

manfrotto(マンフロット)
 イタリアのメーカー。こちらのラインナップは豊富で、デザイン性からも人気が高い。クイックシューはクイックリリースと表記されています。

 

 雲台はジョイスティック型ハンドルというのが珍しくて面白い。直観的な操作ができるみたいです。ワンタッチで雲台のモードを切り替えることで、ムービーにも適したなめらかな動きになります。ブラックの他に、レッド、ホワイトのカラーバリエーションがあります。段数が5段なので、全部伸ばした時に脚が細くなり、安定性が低くなるのではないか心配。

全高(センターポール格納時)155cm(133cm)

最低高44cm(ローアングルおそらく×)   縮長45.cm

重さ1.16kg               脚径・段数22mm・5段

耐荷重1.5kg             雲台ジョイスティック型ハンドル

雲台取り外し×            クイックシュー

水準器×               専用ケース○

 

COMPACTアドバンス三脚 3ウェイフォトキット

 こちらも段数が5段なので、全部伸ばした時に安定性が低くなるのではないか心配。また脚径が22mm(太いほうが安定性の面で有利)、本体の重さが1.42kgで耐荷重3kgというのは言い過ぎな気もしますが、使用しているカメラが入門機であれば問題はないように思います。こちらはブラックのみの色展開。それにしてもマンフロットはデザインが素敵です。

全高(センターポール格納時)165cm(140.3cm)

最低高44.5cm(ローアングルおそらく×)   縮長44cm

重さ1.42kg               脚径・段数22mm・5段

耐荷重3kg               雲台3WAY

雲台取り外し×             クイックシュー

水準器×                専用ケース○

 

 

 

今日の気になる。