読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国産ドックフードは危険!?ドッグフードを選ぶときに気をつけたいたった2つのこと

シーズーとマルプー

年下の動向を常にうかがってしまう年上のマロン。

 

 みなさんはドッグフードを選ぶときに何を基準にして選んでいますか?

最近、食品偽装や異物混入などの話題が多いように感じますが、私たちが食品を選ぶのと同様に(いや、それ以上に)ドッグフードを正しく選ぶ必要があるのかも。

 

 中国産ドッグフードは危険!?

2007年

 アメリカで販売された中国製ペットフードから有害物質のメラミンが検出され、大規模なリコールが発生。死亡した犬や猫は100匹以上といわれている。

2014年

 米食品医薬品局(FDA)の発表によると、2007年から現在までで、中国産原材料を使用したドッグフードが原因と見られる犬の健康被害事例が5600例。そのうち1000匹以上が死亡したと見られている。原因は不明だが、胃腸疾患や腎不全などが確認された。

 もっと細かく調べればまだまだありそうですが、この話が本当なら犬と暮らす私たちにとっては本当に怖い話です。最近、中国に関する話題はその信用を失う内容ばかり耳にする気がします。しかし、「MADE IN CHINA」であふれた世の中では、中国を避けることは難しいのも現実。

 怖い話は日本でもあったようです。

 このブログが引用している記事では、もしかしたらあなたのワンちゃんが食べているドッグフードに犬や猫の死体を加工したものが入っているかもしれない、ということが書かれています。一般のペットショップやスーパーで売られているドッグフードにはこういうものがないことを願うばかりです。

 

犬を守るために何をすべきか?

  答えは簡単。ドッグフードを正しく選ぶこと。それが出来ればドッグフードのことでこんなにも思い悩むことはないのですが、たかがドッグフードされどドッグフード。以下は私が勝手に決めたルールです。

①特定の添加物(合成保存料)を使用していないものを買う

 ここでいう特定の添加物とは、特に有害性の高いといわれているBHA(ブルチヒドキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンのことです。

②中身が小分けにパッキングされているもの、あるいは少量ずつ買う

 値段を考えると大容量でお得なものを選びたいとこですが、賞味期限が恐ろしいほど長いドッグフードでも、自分が食べるものと同じ考えで早めに食べきれる量だけ買うことにしています。

 とりあえずこの2点だけ。もっと自分の中で制限をかけたい思いもあります。これだけで絶対安全なドッグフード選びなんてできないじゃん!と言われても仕方ないです。でも、食品表示なんてメーカーの都合のよいように書くこともできてしまうし、国産と書いてあっても最終的な加工を日本でしましたよ、という意味であれば使用されている材料のうちどれかはどこかの国の粗悪なものかもしれない。そう。きりがないんです。

 思い悩みすぎて鬱々としながら犬に接するのは精神衛生上よろしくない。なので私はこの2つだけを守ってドッグフードを選ぶようにしています。

 

絶対無添加のナチュラルフードや手作りごはんをあげればいいじゃん!

 そもそもドッグフードを与えない、という選択肢も出てきそうですが、考えれば考えるほどそのほうが難しいことにも気づく。

 まず、値段が高い。上のほうで値段のことは考えず小分けで買うなんて言っていますが、それどころじゃない。無添加のものを毎日食べさせたいのはやまやまですが、正直な話、エンゲル係数が大幅に上昇するんじゃないかと思います。とりあえず私の家では難しそうです。

 つぎに、手作りごはんだけにしてしまうと、犬がドッグフード(ドライフード)を食べなくなることも考えられます。ペットホテルに預けるときや入院など何らかの理由でドライフードの方が好ましいという場合もあります。また、犬が食欲がなくなったときのことも考えると、「これなら食べられる」「もともと食べられるものの種類が多い」というのは大事なことだと思います。

 

私の結論

  現在、マロハルのごはんは手作りのものとドライフードとを半々くらいで食べさせています。ハーフハーフです。どうやら手作りのものの方が食べっぷりはいいものの、ペットホテルに預けた時はドライフードだけですが残さず食べているようです。たいしたものは作っていません。「犬まんま」です。どんなものを作っているのかは、近いうちご紹介したいと思います。

 

 

今日の気になる。