冬の美瑛で見た青い池は幻想的でした

冬の美瑛青い池ライトアップ
 2012年にAppleの壁紙に採用されたことでも有名な北海道美瑛町にある「青い池」。国内外を問わず毎年多くの観光客が訪れているようです。これまで冬の期間は積雪により立ち入ることができませんでしたが、今年は夜間にライトアップが実施されているとのことで行ってきました。
 
 
 美瑛には16時頃に到着しましたがライトアップが始まるのは17時から。さらに辺りがすっかり暗くなってからの方がキレイかなと思い、それまで時間をつぶすことに。山の向こうに沈む太陽を丘から眺めながら過ごしました。
 
 18時頃に青い池に到着。車を駐車場に停めてから池が見えるスポットまで2分ほど歩きます。積雪のため見れる場所が限られているのとありえないほどの寒さで、夏よりも池が遠く感じます。しかし、とても綺麗に除雪されていました。
 
 ライトアップというときらびやかなものをイメージしやすいですが、青い池のライトアップは違いました。ゆっくりと呼吸をするように色が静かに切り替わります。常に照らされているわけではなく、真っ暗になる瞬間は森の中に1人取り残されたような不思議な感覚に陥ります。
 
f:id:maroharu16:20150213233753j:plain
青いライトで照らされるとまるで夏の青い池を見ているようです。
 
 今年になってから青い池に来たのは実は今回が2度目。前回は週末だったためか訪れている方々が多く、思うように時間をかけて写真を撮るということができませんでした。人が多い中で三脚をどっしりと構えて長いこと同じ場所で撮影をしている方を見ると、マナー的にちょっとどうなのかなと思ってしまいます。今回は平日だったので人もそれほどいませんでした。さらに、遅い時間だと観に来る人もかなり少なくなっていきました。寒さもハンパないですし。
 
f:id:maroharu16:20150213234119j:plain
じっくり写真を取りたい方は遅い時間に訪れるとゆっくりできます。
 
 青い池のライトアップは17〜21時まで、期間は今月末で終了予定とのこと。来年度の実施は今のところ未定だそうです。無料でこの幻想的な世界を楽しむことができます。気になる方はぜひ行ってみてください!
 
 
今日の気になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い場所での撮影はバッテリーの消耗が早い。買っときゃよかった。