【脂肪腫切除】シーズー犬まろん手術後365日目。最終的にどうなった!?

シーズー犬まろん 脂肪種の手術

 

あれから1年...

1年前、まろんの背中の脂肪腫が破裂したので手術をしました。

早いものです。

 

シーズー犬まろん 脂肪種の手術

 

これまでの経過はこちらから。 

正直忘れてたけど、あわてて経過をまとめてみました。

 

365日の軌跡(?)

※手術後の画像を含みます。傷や血が苦手な方はお控えください。

 

1年たってみて、今ではコブがあったことも忘れかけています。

最終的にどんな感じかというと、

 

シーズー犬まろん 脂肪腫手術後365日目

表面はたいら。伸びない感じです。

周りの皮膚と比べると、そこだけ象さんの皮膚のように厚くて硬い感じがします。(象さん触ったことはないし、象さんほどでもないか...)

 

シーズー犬まろん 脂肪腫手術後365日目

ハゲてるけど、ちゃんと皮膚。

範囲も狭くなってきたので、サマーカットでもさほど目立たないくらいにまでなりました。

 

手術してから1か月ほどはまじめに経過を追っていましたので、過去の記事を見てみてください。2か月目では完全にかさぶたもとれて、毛が伸びていると「あれ、コブがあったのどこだっけ?」という状態になっていました。

その後さらに数か月で周りの皮膚とコブがあった部分の境目が、ほぼ完全になくなりました。

 

マルプー犬はる 暇なので縁側でひなたぼっこ

当時はまろんのことを気にかけすぎて、はるさんにさみしい思いをさせたかな?

 

反省。

 

キズ観測の結論:小さなものでも手術っていやだね~

 

「あ~、手術して、よかっった。」という結論には至らない、というか出せませんでした。傷跡が残るか残らないかでいえば、毛むくじゃらなので全く気になりません。ハゲでも相変わらずかわいい。

 

今回のことがまろんにとって全く負担にならなかったのかどうかでいえば、分からないというのが本音です。心臓病の経過もすごく悪くはなってないけど、手術の時はやっぱりドキドキしていたし、時おりハァハァもしていた。

まぁ、あのまま手術しないで、また大きくなっては破裂してを繰り返し、もう高齢なので我慢するしかない、という状況になっていたかもしれない。悪性の腫瘍に変化する可能性もなくはないし。

ただ、今お世話になっている先生や看護師さんに手術をしてもらったことは、全く後悔していません。

 

もちろん、脂肪腫にかかわらず悪性のものや、その可能性があるなら切除する方向で考えるのは間違っていないと思います。どんなできもの(腫瘤)の手術でも、する・しないは、それが悪性か良性か、大きいのか小さいのか、その子の状態などでも違うし、獣医師の考え方や経験値によっても変わってくると思います。

 

もし、本当に見た目だけの問題なら、そのままでもいいと思う。

 

脂肪腫は切除してもまた違う場所にできたり、今度はもっと大きなものができてしま可能性もあります。

今のところ、新たな脂肪腫っぽいものはできてません。

 

まろんさんの脂肪腫手術後のキズ観測、これにて終了します!

ご覧いただきありがとうございました!

 

あしたもげんき!