犬はリンが過剰になりやすい?卵殻カルシウムパウダーで解決

生ごみも減らせて一石二鳥!

手作りごはんや良質なお肉のトッピングで気になるのが、リンの過剰摂取です。リンとカルシウムはお互いに関係し合っています。どちらの栄養素も体には必要なもので、不足しても多すぎても困ります。

理想的な摂取バランスはリン:カルシウム=1:1~1.5です。

 

市販のドッグフード、手作りごはんのどちらの場合でも、リンの不足を考える必要はあまりありません。カルシウムは「吸収率」が問題になることが多く、人も犬も不足しがちです。

※プレミアムフードであれば基本的に追加は必要ないと思っています。

 

そこで、最近(?)流行っている卵殻カルシウムパウダー。なんと自宅で簡単につくることができました。

卵1個分で小さじ1杯程度のパウダーができます。

 

手作りごはんメイン、ジャーキーのおやつが大好き!という子には特におすすめです。

 

 

①ある程度卵の殻をストックしておく

1個や2個でいちいち作るのはめんどくさいです。洗ってよく乾かした状態で冷蔵庫で卵殻を貯金。今回は日光の力を借りましたが、レンジで500wで4分くらいチンすると素早く乾きます。殻がヌメヌメしたままだと不衛生になっちゃいます。

 

殻の内側についてる薄皮は洗う段階で取ります。めんどくさいので取らなくても問題ないと思います。

 

②ストックができたら煮沸消毒する

サルモネラが気になる場合は沸騰した状態で10分。後でチンもするので、煮沸は5分程度でも大丈夫だと思います。

 

③レンジで完全に乾燥させる

500wで4分くらいで完璧です。焦げに注意です。

お熱くなっておりますのでお気をつけください...

 

④省略

 

⑤ミルミキサーで破砕!

ミルミキサーで卵殻カルシウムパウダーが手軽に作れる

 

煙がたつほど、これでもかっ、というくらいするとかなり細かくなります。もちろんすり鉢やめん棒でたたくなどお好みの方法で。しっかり乾かしているので薄皮も気になりませんでした。

 

ザラザラが気になる場合は、茶こしなどで濾す→残ったものを再度つぶす→これを繰り返すといいです。

 

タッパーなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で約1か月ほど保存できます。

 

与える量

犬の場合、カルシウムの必要量は人間の14倍にもなるといわれています。1日あたり体重1kgで120mg。体重が5kgだと600mgです。

卵殻パウダーは、小さじ1杯にカルシウムが1,800mg含まれています。カルシウムの吸収率や年齢別で話をすると終わらないので、単純にこの数字だけで考えていきます。

 

つまり、体重5kgの子は1日あたり小さじ1/2杯のパウダーを追加します。

(他にもカルシウムを含む食材をとると考えると、気持ち少な目でもOKです)

 

私たちの場合は、1日あたり小さじ1杯より少な目、というアバウトな感じで。ただ、食べるとどうしてもザラザラ感は気になります...

お安く手軽にカルシウムが摂れるので私は続けます!笑

 

摂りすぎに注意

シーズー犬とマルプーが卵殻カルシウムパウダーを試食

ごはんに混ぜてみました。味は問題なさそうでした。

 

骨にいいカルシウムですが、摂りすぎると骨がもろくなってしまいます。不思議ですね。詳しい解説は省きますが、体のためには不足も取りすぎもダメということです。

 

でも、安心してください。

人もそうですが、犬もカルシウムを摂りすぎると、うんちやおしっことして排出されます。うんちに白っぽい粒がまざったり、うんちがカチカチになることがあります。その場合はカルシウムが多いよ!というサインです。

摂りすぎても数回程度では問題ありません。気になるときは1日おきとか、たまに意識して摂ってみる程度でいいのかなと思っています。

 

参考

【医師監修】カルシウムを過剰摂取するとどうなるの? | ヘルスケア大学

 

 

本日のおすすめ。

おいしかったけど、あくまでも犬用です。

 

食の細い子やおなかの弱い子にも最適。